腕時計

日本ロレックスにオーバーホールしよう|料金を比較

高級時計のメンテナンス

腕時計を身に着ける人

安く済ませたい場合は

ロレックスのような高級時計だからといって、メンテナンスを怠ると、時計の寿命が短くなってしまいます。ちゃんと時計は動いていても、年月が経つとムーブメントの中は油で汚れてくるため、定期的に点検や掃除をする必要があります。定期的に時計を分解して修理や掃除をすることを、オーバーホールと呼びます。3〜4年に一度はオーバーホールを行うことがよいといわれています。ロレックスのような高級時計の場合、長年オーバーホールを怠ると、パーツ交換が必要となり、パーツ代で料金が倍以上高くなることがあります。料金を安く済ませたいなら、定期的に行うようにしましょう。また、日本でロレックスの正規メーカー代理店となっているのが、日本ロレックスです。日本ロレックスは、正規代理店であることから、技術に間違いがない分、技術料が高めです。交換パーツも正規品が使用されるので安心です。日本ロレックスにオーバーホールを依頼するときには、日本各地のサービスセンターに直接持ち込むか、郵送することがおすすめです。百貨店などを経由すると、手数料が取られるので料金がかさみます。とはいうものの、日本ロレックスにオーバーホールを依頼すると、料金が高くなりがちで、他の時計修理業者と比較すると、数千円〜数万円、ときには数十万円異なることもあります。もっと安い料金でオーバーホールしたい場合は、高級時計の修理を専門とする、腕の良い職人がいる業者を探すことがおすすめです。