男性

日本ロレックスにオーバーホールしよう|料金を比較

ウォッチ

メンテナンスの重要性

日本ロレックスにオーバーホールを依頼した場合、オーバーホール料金はモデルによって違いがあります。これは時計の機能によって、使われているパーツに違いがあるためです。また、ムーブメント内の状態によってオーバーホール時に交換するパーツが増えると料金は高くなります。

複数の時計修理業者から

腕時計

相見積もりをとる

ロレックスを正規修理している日本ロレックスにオーバーホールを頼むと、かなりの料金になるケースがあります。日本ロレックスでは、まず腕時計を分解してから洗浄を行い、その次に調整をし部品をスムーズに動かす潤滑油を注油して、再度時計を組み立てそれから最終点検までを行います。この一連の作業を行うため、安心感は高いもののそのオーバーホール料金にため息をつく人も多いです。そこで、日本ロレックスにこだわりがないのなら、街の中にある時計修理を専門にしている業者を探してみましょう。時計修理業者に頼めば、日本ロレックスより比較的安い料金でオーバーホールが可能です。安い時計修理業者を探すコツは、まずはオーバーホールの相見積もりをとりましょう。街の時計修理業者のほとんどは、無料でオーバーホールにかかる見積もりを出してくれます。安さにこだわるなら、面倒臭がらずに複数の時計修理業者に頼んで、見積もりをとり比較検討しましょう。ただ、ここで注意したいのはあまりにも安い見積もりだった場合です。中には安かろう悪かろうの時計修理業者もいるので、不自然に安いところは避けるようにしましょう。また、頼む時計修理業者を決める前には、インターネット上にある口コミなどを確認するのもおすすめです。そして、郵送で頼める時計修理業者なら、無料の郵送用キットがあるか、破損防止対策がしっかりとできる郵送用キットかどうかも要チェックです。見積もりをした後でもキャンセルできるか、オーバーホールした後の保証期間はどれくらいなのかなど、オーバーホールの料金だけでなく、総合的に判断して決めるといいでしょう。

腕時計を身に着ける人

高級時計のメンテナンス

ロレックスのような高級時計は、定期的にオーバーホールする必要があります。日本ロレックスは、日本の正規代理店で、技術料が高めですが、技術は間違いなく安心です。料金を安く済ませたいなら、高級時計の修理を専門とする、腕の良い職人がいる業者に依頼するのもひとつの方法です。

男の人

高級時計は3年を目安に

ロレックスのような機械式時計は部品交換など定期的なオーバーホールが必要となります。日本ロレックスはサポートにも定評があるため、サービスセンターに持ち込むことで料金も安く安心してオーバーホールすることが出来ます。ロレックスのような高級時計の場合、3〜5年に一度のオーバーホールが一般的です。